ためしてハッケン!暮らしに役立つもの、ことブログ

暮らしに役立つ情報を発信するブログです。あなたにぴったりな情報がここにあるかも‼

[レビュー] コスパの良いPCスピーカーは? USB接続 JBL Pebbles バスパワード スピーカーを試してみた。

 

JBL pebbles

JBL pebbles

 

<はじめに>

今回はパソコンのスピーカー選びに悩んでいる人にぜひ一度選んでいただきたいと思って書いたパソコンのスピーカー選びの記事です。以前、車のスピーカーをちょっと交換するだけで音質が劇的に変わるという記事を書きました。

 

www.monokoto.work

 

そんな、安くて良い音質にこだわる私が今回挑戦したのは・・・

パソコンのスピーカーです!

パソコンのスピーカーは何がいいかな?手ごろな値段で音質の良いスピーカーってあるんですか?という質問をよくいただきますが、

それがあるんです!

パソコンのスピーカーは安いものから高いものまで色々ありますが、高いからと言って良い音質とは限りませんよね!なるべく「お金を掛けずに良い音でユーチューブの動画や最新の音楽を聴きたい!」と思ったときは、この「JBL Pebbles バスパワードスピーカー」を選んでみてはいかかでしょうか?一言でいうと・・・コストパフォーマンスは最高!です!

 

<JBL Pebbles バスパワードスピーカーとは>

まず、このスピーカーについて簡単に説明しますね。このスピーカーはJBLというアメリカの音響機器製造会社が発売しているスピーカーです。JBLと言えば音響メーカーでは老舗です。音質に定評があり、臨場感あふれる良い音を奏でてくれます。スピーカーに限らず、ヘッドホンなども販売しています。現在はハーマンという会社がこのJBLを買収してJBL by HARMAN として世界中に品質の良いスピーカーを販売しています。

 

<JBL Pebbles バスパワードスピーカーを購入してみた>

このスピーカーを早速購入してみました。こちら値段はなんと!お店にもよりますが

おおよそ¥5000ぐらいなんです!

この値段で良い音が聴ければ最高です。このような箱にスピーカが入っています。箱はそれほど大きくはありません。箱の写真を見たときに、「これ、カタツムリ?じゃん!」って思いました。パソコンのスピーカーは縦長の長方形のものが普通ですが、JBL Pebbles バスパワードスピーカーは形がとてもユニークです。このような形のスピーカーは初めて見ました!今までのパソコンスピーカーの常識をひっくり返すような斬新なスタイルです。

JBL pebbles



箱を開けると、まず説明書らしき物が出てきました。いろいろな国の言語で書かれています。「JP」とあるところが日本の説明書ですね。スピーカーの廃棄やリサイクルの方法などが書かれているようです。それから、緩衝材に包まれたスピーカーが出てきました。とても丁寧に梱包されていますね!それから「JBL Pebbles」と書かれた説明書もあります。これはパソコンにつなげる方法を5パターンに分けて説明しています。この5パターンのスピーカーの配置図から好きな配置を選んで置けば良いです。

JBL pebbles JBL pebbles

 


これが緩衝材から出したばかりのスピーカーです。JBLの文字が目立ってかっこ良いですね。このJBLの文字は上斜め45度を向いています。ここがポイントですよね。

上斜め45度と言えば「お・も・て・な・し・・・」のあのフレーズ。あれは右斜め45度でしたでしょうか。これは私たちの目線から「JBL」の文字がぱっと見えるように工夫されているんでしょうね!

 

右側のオレンジの丸い枠も黒のスピーカーに調和して高級感を出しています。スピーカ本体の電源はスピーカー側面を押せばオン、オフができます。音量調整はパソコンの音量ボタンからもできますが、この側面をくるくると回すことでも調整ができます。

JBL pebbles JBL pebbles

 

スピーカーの下にはUSBコードが収納されています。このUSBコードをパソコンのUSBポートにつなげば良いです。このUSBコードはがっしりと収納されているので、コードを伸ばすときは少し力が必要です。USBバスパワーなので他に電源は必要ありません。ここポイントです!

JBL pebbles



スピーカーの裏側に四角い小さな溝があります。ここが大きなポイントです。より低音を出そうとすれば、別にウーハーという低音専用の機材が必要ですが、JBL Pebblesはスピーカーにこのような溝を作って補っています。ここで低音を出すんですね。ウーハーまでは必要ないようです。

JBL pebbles



配線は非常にシンプルです。説明書を見ながらセッティングしていきます。「AUX IN」とあります。外部からの機器をつなげることができます。※最近はBluetoothで繋げる機器が多いですが、このJBL PebblesはBluetoothの機能が付いていません。i Phone6Sなどスマートフォンに「AUX OUT」が付いている製品は繋げることができます。

JBL pebbles



さっそく説明書を見ながらノートパソコンにセットしてみました。置き場所も邪魔にならずとてもシンプルですよね。家にあるi PhoneをJBL Pebbles バスパワードスピーカーに繋げてみました。このようにいい感じですね!

JBL pebbles

 

<amazonのレビューは?>

 

f:id:yuchi2140:20210323215829j:plain

星5つ中の4.3ですね!良いレビューは

・手ごろで扱いやすい

・デザイン、音が良くおすすめ!

・低音から高音まで非常に鮮明に再生されている などです。

悪いレビューは

・ゲーム向きではない

・ケーブルが短い

・音に厚みがない(DAC内蔵なので厚みがないという感じはしませんが、高価なスピーカーやハイレゾと比べると落ちると思います。ただ、値段が安いわりにはしっかりしています。)

 

<音質は?>

高音、低音ともにひずみがなく、バランスが取れたスピーカーです。音楽を再生しましたがボーカルの声がはっきりと聞こえます。今まで家電量販店で¥3000前後のスピーカーを購入してきましたが、あまりの音の悪さに大失敗でした。¥5000前後のスピーカーでは最高クラスの音質だと思います!

以下に私がいつも参考にさせていただいている川井浩二さんのYouTubeレビューのリンクを載せておきます。

 


コスパの良いPCスピーカーの最適解はこれかも。ロングセラーのJBL Pebblesを買ってみました!

 

この川井浩二さんの動画のように、コスパ抜群のロングセラーPCスピーカーは

JBL Pebbles で間違いなし!ということですね!

 

<パソコンのスピーカーにBluetoothはおすすめできない理由は?>

Bluetoothは音の遅延があるのはご存知でしょうか?音楽を聴く目的でスマートフォンとスピーカーをBluetoothで繋ぐ場合は音の遅延はあまり問題になりませんが、例えばYouTubeなどの動画を見る場合はどうでしょう?映像と音が若干ですがズレてしまいます。いっ〇く堂状態ですね・・・。

長い動画になればそれがストレスになります。私はパソコンのスピーカーは遅延がなく、音が途切れることがないUSB接続やAUX INでパソコンに接続できるスピーカーを皆さんにおすすめしています!

 

 

<スピーカーの音量には注意>

このJBL Pebblesはスピーカーの出力(音量)が大きいので少し音量を上げるだけでも大きな音が出ます。普段は音量は1または2で十分だと思います。

 

<まとめ>

コンパクトで高音質のスピーカーJBL Pebbles バスパワードスピーカー。¥5000クラスのスピーカーの中ではおそらく一番性能が良いスピーカーだと思います。この良質のスピーカーが¥5000前後で買えるなんて夢のようです!今まで安いスピーカーを買って失敗してきましたが、もっと早くこのスピーカーに出会っていれば失敗せずに快適なパソコンライフを満喫できたと思います。このスピーカーはこれからもずっと長く使えそうです!

 

 

Twitter始めました。